ホームへもどる > サービス│月次顧問契約

月次顧問契約

月次顧問契約の基本は、

です。


税理士事務所によってサービス内容はいろいろあります。年に1回決算申告のみを請け負うだけ。
2~3ヶ月に一度、訪問するだけ。毎月訪問して資料だけを預かる。
私たちは毎月訪問することにこだわります。

その理由は

会社という経営の現場に行き、五感を活かし、そこで起きていること、行われていることを観察し、聴き、感じることで、

  • 文字情報やデータと、現実、現物、現象とのギャップを認識できる
  • 直接会うことでコミュニケーションが取りやすく、本音も聞ける
  • より的確な情報収集、判断が可能となる
  • 問題点などを早期に把握することができ、事前に対策できる

現場は情報の宝庫、問題の山、改善の海なのです。そこにしか、会社を衰退から防ぎ、発展させていくヒントはないと信じています。

とにかく社長さんと税務のこと、人の採用、社員の教育、経営戦略、資金繰り、将来の計画のことなど、じっくり話し、理解を深め、解決案を一緒に考え、憂いのない経営環境づくりのお手伝いをしたいのです。


もちろんですが、ベースとなる業務もきちんとします。


毎月の業務

会計処理のご指導会計システムの操作に関するご支援会計・税務監査次月決算様々なご相談をお受けします

より合理的な経理業務の方法をわかりやすくご指導します。 金融機関等にも高く評価される、試算表、決算書の作成をご指導いします。 意思決定を支援する正しいデータをつくる月次決算を行います。 税務に関するご相談や手続きをします。(経営に関する相談もどうぞ) 給与支払いや労務関係等、必要となる手続きに関する情報提供やアドバイスもいたします。

決算が近づいてきたら行う業務

決算予測決算事前対策

赤字であっても黒字であっても、決算月が終了する前に、決算検討会を開催します。
決算検討会の結果、赤字であれば黒字対策を、黒字であれば節税案を提供いたします。
決算期末が過ぎてから、多額の税金が発生した、多額の赤字であった、というようなことがないよう決算前(概ね2~3か月前)に検討会を必ず開催します。

決算・申告 │ 決算申告終了後に行う業務

次期経営計画の策定

過去の財務状況、未来の必要利益を参考に、会社の目標や社長の思いを数値化して、経営計画策定の支援をいたします。


オプションですが、短期のみではなく長期の経営計画を策定もお手伝いします。


経営がうまくいくウエイト。
どうしてもこうなりたいという社長の熱意や願望 53%
その熱意や願望の目的、目標を明確にすること 27%

このふたつで何と80%。これらを明確にする経営計画は本当に大事なのです。

このような流れで業務を行わせていただき、税理士法第33条の2に規定する書面の添付も多くさせていただいています。

税理士法第33条の2に規定する書面添付とは
税理士が、税務の専門家として企業の決算申告に際して何を確認し、計算し、整理したか、さらにどのような特殊事情があったかなどを記載した書面を申告書に添付する制度です。
この書面が添付されている場合、税務署は税務調査に際して、まず税理士の意見徴収を行います。 この意見徴収の結果、税務調査が省略されることもあります。

ページの先頭へもどる